Zに託された、「終わりたい」意味 なかなか終われない現実?

大学入試にZ会ってのがあって、模試?、試験が難しいらしい

解けない難しさ→限界を追及?→ゼット(Z)

スポンサーリンク

 

ただ、Z会は、意味や出店は会社のネーミングからとZ会は

終わりを意味するものはかかってないみたい

笑ったのは、詳細知らないが、しゃべり倒す人間の特有性?

最後には、村八分にあって、コテンパン???

テンションと、根性が試され、脱水?、足が汗臭い?、調子いまいちな今週であった

Zの意味

いろいろあろうが、オタクへ向けてのかっこよさアピール二番煎じ的な・・ものが多いと思われる中・・

会話にも出てきたのが

日露戦争

Z旗

明治38年(1905年)5月27日日露戦争でロシアバルチック艦隊を日本海で迎え撃つ日本連合艦隊は
戦力の劣勢をカバーするために、有名な敵前T字戦法で圧倒的な勝利をします。ロシア艦隊の前方で日本連合艦隊は突然大きく舵を切って横向き(相手に日本艦隊の横腹を見せる状態)になります。
ロシアの艦砲射撃にさらされる事になる危険な捨て身的な戦法です。「肉を切らして骨を絶つ」ということなのでしょう。横向きになった時点で、形勢逆転で日本連合艦隊は後部に搭載されている艦砲まで
威力を発揮できる訳です。結果はロシア艦隊は壊滅状態になります。
有名な日本海海戦です。

この海戦に際して連合艦隊司令長官東郷平八郎大将は旗艦の戦艦「三笠」上で有名な訓示とともにZ旗を掲げて全艦隊の士気の高揚を図りました。

余談ですが司令官の乗っている軍艦を「旗艦」といいます。英語では「フラッグシップ」です。旗という言葉はいろんな意味で使われます。

この時のZ旗の訓示が有名な言葉「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」です。これは最高の名文と思います。
この日本海海戦では、信号旗としてZ旗にこの言葉を割り当てただけでZ旗自体に特別な意味はありませんでした。しかし、この海戦で大勝利してから日本海軍ではZ旗は重要な意味を有するようになります。以後の日本海軍の海戦ではZ旗を掲揚することが慣例化されるようになったそうです。
ハワイ真珠湾攻撃の航空隊の発艦時にも航空母艦のマストにZ旗を掲げ士気を大いに奮い立たせたといわれています。

現在では「Z旗を掲げる」という慣用句として、スポーツ・企業において「全員それぞれが全力を投入して、一丸となって奮闘する」の意味で使用されています。

その他のエピソードとして「Z」はアルファベットの最後の文字なので「もう後がない→最後の決戦」という意味からZ旗が採用されたとか・・・・

 

がんばれ、みんな、がんばれーー

いつの時代も、がんばれーー

 

ワイの勉強・ワイン編

オーパス・ワン・ワイナリー (Opus One Winery)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%B3

は、カリフォルニア州ナパ郡にあるワイナリーである。

オーパス・ワン・ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間でカベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる合弁事業として1978年に設立された。

うまし!

 

シャトー・ラトゥール(Château Latour)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB

フランスにあるワインシャトー。1855年のボルドーワインの格付けでは第一級を獲得している。ラトゥールは、ボルドーの北西、メドックポーイヤック南東端に位置する。その境界はサン・ジュリアンに接し、ジロンド川の河口岸から数百メートルの位置にある。

まぼろし!

スポンサーリンク

先日の話題は

10年ひと昔も

人の流れ、努力の結晶

還暦祝い

良いものだなと

年を取った証拠かな・・

赤のネクタイで統一も

シャア専用だー

還暦とは

還暦とは、満60歳のことを指しています。十干と十二支を組み合わせた干支が一巡し、生まれた年の干支に戻ることです。文字通り、「暦(こよみ)が還(かえ)る」わけです。また「本卦還り(ほんけがえり)」とも呼ばれ、一種の生まれ直しであると意義づけられています。

還暦の発祥は古代中国です。日本では、奈良時代にその長寿の祝いの習慣を取り入れ、貴族たちの間で広く行われるようになったのがはじまり。この長寿の祝いは「年祝」とも呼ばれ、長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼で、当初は「四十の賀」「五十の賀」と40歳、50歳で祝っていました。室町時代ころより「還暦」や「古稀」などと呼び祝うようになり、その後、江戸時代に広く一般的に行われるようになったようです。

 

赤ちゃん→赤いちゃんちゃんこ

http://www.ringbell.co.jp/giftconcierge/1956

定価の3倍

欲しいけど無理

 

さいごに

さて昨今の話題は、今昔物語か?

旦那さん病床の淵で、奥さんが弁護?してくれた???

とにかく、この人は酒のみで、遊びで帰ってこず、・・・

それ以上は聞かなかったが、若いころはブイブイ言わせていたみたいだ

俺は今でも言わせたいが、うまくいかない・・・

Anyway

努力し続けること、説明にしても、理解してもらうように、それしかない・・

トヨタ

ハイラックス

えーーー

http://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

こんなんなん

マジンゴー

http://www.mazinger-z.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + seventeen =