ね、ねれない → ぐったり 睡眠を阻害する因子の再考察 頭のボケ?

アルコールにより睡眠の質が低下 夕方以降の飲酒に注意

釣り不足

頭がイカレている

スポンサーリンク

 

「アルコールを飲むと、眠りに入りやすくなりますが、睡眠は中断されます。アルコールが体内で分解されるときに発生するアセトアルデヒドは、レム睡眠を阻害し、浅いノンレム睡眠状態が長く続いてしまいます。アルコールは、睡眠全体の質を改善する役にはたちません」と、エブラヒム氏は話す。

http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2013/002241.php

アルコールでハイになって、その後、lowになるんだよね。

酒はいかん!

マジでいかん!

 

不眠症といってもいろいろ

●入眠障害 布団に入ってもなかなか寝つけないタイプ。不眠の中ではもっとも訴えの多い症状。
●中途覚醒 夜中に何度も目が覚めてしまい再び寝つくのが難しいタイプ。
●熟眠障害 睡眠時間の割には、朝起きたときにぐっすり眠った感じがしないタイプ。
●早朝覚醒 朝早く目覚めてしまい、まだ眠りたいのに眠れなくなってしまうタイプ。
高齢者に多いのが特徴。

やなのが、薬飲んで寝れるが、変な夢見て、起きて、眠れない

この鉄板のパターン

戦闘の夢が多い!

改善できないよね

早朝覚醒後パソコンしたいかん!

横になっておくしかない

 

<睡眠障害の病因と睡眠障害の種類>

  1. 身体的要因(腫瘍、心疾患、消化器疾患などの身体的疾患により痛み、発熱が原因。)
    →その一つに睡眠時無呼吸症候群など
  2. 生理学的要因(時差ぼけ、交代制勤務、入院などによる)
    →概日リズム睡眠障害、時差症候群など
  3. 心理学的要因(精神的ショック・ストレス・生活上の不安など)
    →普通は一過性だが、慢性化する場合も精神生理性不眠症
  4. 精神医学的要因(統合失調症、うつ病、アルコール依存症などの精神疾患)
    →うつ病に伴う睡眠障害
  5. 薬理学的要因 (降圧剤など種々の薬だけでなく、アルコール、カフェイン、ニコチン、などの嗜好品も原因?!)
    →アルコール依存睡眠障害

原因はアルコールのせいだけではない・・。

?食べすぎ?

便秘?

ストレス、なんの???

最近ぼーっとしていて、ボケている?気がする、集中力の問題???

ボケ→禁句→痴呆→禁句→認知力障害

アルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβの蓄積の始まりは早く、発症の約25年前からという例も報告されています。
 
アミロイドβが脳の神経細胞の働きを阻害するため様々な病的な変化が起こります。

しかし

ビールが予防する?

矛盾めいている・・・

スポンサーサイト

発散ではなかろうか???

セロクエルを飲んだ際も、ドロドロはいかんと思った

すっきりすることが大事

下半身がすっきりしていないのが問題ではなかろうか?

かわいこちゃーーん

おねがいしますーーー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 2 =