採点競技好きじゃないと言ったら→ルール知らないだけでしょ(バカと?)

されて

それでも好きじゃないと言った(プライド)

スポンサーリンク

 

思い入れの差

言わない方が、よかったかな、結局、仲が悪くなるだけだ

 

すでに

人とは趣向が合わない、だけの話なんだが、なかなか止まらない

そんなこと、事実、認めてこなかっただけで、自分がバカなだけだった

釣りが嫌いな人に、釣りやろうと、誘っても、無駄なのと同じだ

はいはいってね

それと、自分の心の問題もあるとも、思うが

最近は少し暖かくて、良くなってきている節もあり、

ウツでも

バカななかでも、やる気を出している

 

でも

よく考えたら

正義vs悪

みたいな感じで

ファンもいれば、アンチもいるだろう

他の方からは、青いなーと言われる炎上覚悟?で

自分やその人や、それらに戦い、挑み、評価されなければ、

過去の自分を一部でも取り戻せない

自分ではなくなる

やる気出さねば、生きる価値がない

自分の意思を持たぬなら、生きていても仕方ない!

いいすぎか・・・

などと少し思ったので

書いてみる

ルールとは

ルールは絶対、審判は公平というのが、法と秩序を守るうえで必要

ルールは分かる、中心にあるもの、わからなければ、それを知ろうともする

なんとか

そうしないと最低限のことがわからんし、バカのままだ

ただ、マニアじゃない

そこまで興味ない

なのに

ルールを知れば理解できる、共感できる、採点競技が好きになる?

飛躍した理論

好みの女子がいるなら、知ろうともする、ダメなら諦めるが

ただ、タイプの女子じゃないと、まあ、行かないでしょ積極的に

ありえない

採点競技が好きじゃなくて、個人がフィギアが好きなだけで、こじつけだろう

応援、熱中することで、ストレス解消だろう

女子って・・

納得いかない

そうすると、自分はもう、スポーツ全体が好きではないことにも逆に理屈だ

そうだなー、

スポーツに感動しない、、、

年を取ったなーと思う

追って行かない自分、

もったいない気がするなー少し、

結局利権

話は飛ぶが

例えば、利権が絡むオリンピックのtopを決めるのに

絡むものも多いだろう

だから

ジャッジの公平性

演技の質の評価

保てるのか

そんなわけないと思う

それが多くの人が熱狂するゲームであればあるほど、そうだし、

方やオリンピックを利用した政治や戦争の一片ならばなお考えやすい

公平性や客観性を保つ方が難しい

で、

そんなことはお構いなしで

1位になった人を、持ち上げ、皆で、感動して、TVは終わり、一件落着だ

それが、さらにキライ

だから、TVが嫌い

さらに、飛躍するが、それは教育にも言えるし、仕事の割り振りとか、些細なものも同じだ

下々で、支えているものは、上のヒトの視界には入ってこない

下の努力は、結晶となって、砕け散っていくだけだ

個人の努力も相当なものなんだろうが

それを認めないわけではないが

スポーツに感動を感じないのに、その人の努力に敬意を払うわけもない

世捨て人の様に、なんだろうなー、輝かしい、この人はと思うくらいだ

第一、ヒトには限界がある、ヒーローになりたくてもなかなか成れない

No 1が国旗を掲げて、喜ぶ

TVでヒーローを見たり、夢見たり、あこがれたり、妄想しても、

しゃーないだろう

自分が生きて、やる気がある間に何を成し遂げれるか、

マジでやる気がない中そんなことばかり考えるからウツがぶり返すのだろう

そう思い、悩む週末である

メダリストが、皆、ブサイクだったら、最高だと、思う自分は狂っている

画になるから、TV映えするんだなーー

結局、妬みか

寂しがり屋

感動を失い、依存をしなくなり、個を得た

気のせいか・・・

オリンピックも2月も、さっさと終わってくれ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + three =