[つりよか] 仁淀難しい、下も釣り人多し、物部へ、がら空き!でも風強い

スポンサーリンク

肝心なことは秘密だ!

 

以下は、単なる、文句を今日は書きたい気分です!

 

とにかく、天邪鬼

 

皆が好きなことは、興味なし、無関心

 

隣で笑われると、嫌味かと

 

ホントはむかついてはないが、マジ、むかつく

 

矛盾

 

 

過ちは

繰り返す

許せない

気になる

だが、

認め

許し

気にしない

ようにしないと、

自己中心的な自分は、愉快ではない

まーだ、そんなことを言っているのかというレベルであるが

そうである。

ブッダの根本の教えを説いているアルボムッレ・スマナサーラは、

著書「怒らないこと」の中で、以下のように語っています。

『もしも怒って誰かに何かを言ったなら、最初に自分の心を破壊して、すごく不幸な感じを味わっているはずです。

怒るということは、自分で自分を燃やし始めたということです。
いずれ細胞が破壊されて、グチャグチャになってしまいます。

怒りを甘くみてはいけません。
怒りが生まれた瞬間に、からだには猛毒が入ってしまうのです。
たとえわずかでも、怒るのはからだに良くないとしっかり覚えておいてください。

本当にいいのは、怒らない方法を探すのではなくて、ただ怒らないことです。
努力して怒りを抑えこむのではなく、自分の心の怒りに気づくこと。

からだに怒りが生まれたら、それを蛇の猛毒のように考えて、
すぐ薬で消してしまうこと。
蛇が古い皮を脱皮するように、怒りを脱皮してください。』

あなたが「許せない人」のことを考えないようにするためには、その人のことを許さなくてはならない、などと考える必要はありません。

なにもかも許せるような広い心をもつことを目標にできるならそれはすばらしいことですが、あなたがそうしたくないのであれば、あなたはこれからもその人のことを許さなくてもかまいません。

ただし、あなたがその人のことを「許さない」ということと、その人への怒りや怨みを感じ続けるということとは、全然別のこと。

あなたがその人とのネガティブなやりとりを頭の中で繰り返すたびに、あなたは、あなたが本来望んでいることと、まったく正反対のことをしてしまっているということを、きちんと理解する必要があるのです。

本当にその人のことを許すことができず、その人よりもずっと優位な立場で幸せに生きることを望むなら、あなたのエネルギーをその人に向けるのをやめましょう。

http://i-kibun.com/stress058.shtml

そうだなーーー。

そう思った。

でも、

風に抵抗しても、

釣りをする

したいから

やらねばならないから

そうしないとね、余計退屈に襲われるね!

そして、思い出した。

許す、バカの振りをするってのは、許すことに似ているが、

ストレスたまって夜寝れなくなること、因果違う?、経験すみ

許すばかりは、あまりよくないと思う。

許さないことも必要!?=どこかの隣国がどこかの国を嫌うのと同じ構造か・・

許さないことで、自己破壊につながるなら、それも経験してみるか、なるようになるはず

許さない理由は

利権?

自己中心的な自由?

過去の過ち?

二度と、許してもらえない人のボヤキ

愛は矛盾

そううつ

スポンサーリンク

人が好きな趣味まで、一緒には嫌だね、なんでそこまで必死なのか?勉強しろよと思う

→成果主義!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − twelve =