増水後の釣り場の見極め さっぱり場所がわからない コケ探しor釣り人捜し?

釣り方のwebsiteによらずとも

魚に聞け!か?

ムーリー

スポンサーリンク

序論

川を見て

石を見て

魚を見て

釣ってみよ

習う

が、

実際は

得意な、やったことのある、見た目の良い場所で、釣り始めますね

なかなか冒険できない?

根拠に乏しいですが・・・

 

なので、実績のある経験者と行動し、アドバイスいただき

釣る時は多種多様なことにtryするしか打開する道がないです

(しかし、その師匠が、個性的で、主張に根拠がなく、論拠も乏しく、運悪く、釣果も悪いとなれば信頼性はないし、合う合わない、絶対ある、)

釣りは自分で解決するしかない

釣り道自体がそんなもののような気がします、

個人の自由度が高く、一人でコツコツなどはなく、チームPlayが優先される仕事とは違い、コツコツの釣りが最終的に魅力あり、楽しい理由です

 

が、しかし、川の状況が変わってしまった場合は、悩みます

大雨後、

ちょこまか雨降ったりとか

で、

増水後

どうしようかということになります

大水により、本流の大部分の川のコケが飛び、通常やっている場所では縄張り争いが発生しない!へたくそなので、うまく掛けられないので、全く釣りにならない

のです

師匠は減水時のヘチ狙いでやれと言います

だから

増水時は魚の気持ちになって、どこにいるのかなーと浅場の残りごけのありそうな支流を探ります

そしたら多くの釣り師が先に来ています・・・

場所、ありません

川を見るにはまずは水位だと思います!

なぜなら信頼性のある数字ですし

見た目と比較しやすい

高水では難しい、囮を底に入れれない・・・

オモリをつけると、エビや根掛かり・・・

あわわ

次は濁り

濁り、自分が何やっているかわからない・・

魚はわかっているのかもしれませんが???

自分がなんか楽しめない???

釣れれば良いけど

川の水、水質、次第ですね

水温とかもそうでしょうが・・

うーん

わからん

冷水病だと、鮎が追わないから

しらぬ

で、ターゲットは

石が黒い石が多いところは黒光りしているかですよね

写真にある赤い石が多いところは赤いかでしょうか

ちょいとした、苔がついていると色の雰囲気も違うと思います

良い写真とってきましたが、

でも、群れ鮎ですよね、これって

群れ鮎崩しできませんので

 

石のコケ種類

白いのは濁りのドロの影響ではないかどうか、砂の場所では釣れません

そうなると、実際、鮎が食べているかですよね

ヘチのコケに食み痕あるか、

はい、無いです!

 

次は

群れ鮎、追い気のある鮎見えるか、

老眼で見えぬ、携帯でビデオ撮って、後であー、いたいた、と確認

コケ

珪藻(けいそう)ってこんな感じでこげ茶っぽく見えるんですね

この緑っぽいのがラン藻らしいです

緑藻がいわゆるアオサらしいです

にっくきアオサは単なる藻だったんですね

アオサがなくなったら、コケ自体無くなる白川完全と言うわけですわー

わかりやすい

http://ara321.com/2016/08/10/post-236/

食べごろのコケのサイトですが

よくわからないのですが

珪藻

これですかね

この食み痕の印象が強く、この場合は石にコケですが瀬の中はこんな感じの白ー灰色っぽい感じですかね

かつ、新コケがこの白っぽいやつ見たいですね

コケはすぐ生え、どんどん生えると書いてあります

岩盤の底のコケはどちらかというと黄色ですかね

この腐れコケ?でよくこけるんですよ

四万十はコレばっかりです

 

ということは

コケがあるのに食べてないところってのは、

そのコケが不要かまずい(古いコケ?腐れコケ)ってことですよね

そこでは基本、競争対象のコケではないから争いになるはずもないと

釣れないというわけでしょうか?うーむ

逆を考えると

ヘチや足元に食べていないコケがあるってことは、

そこを食べずとも流芯により良いコケがあり縄張り争いの場は浅場ではない可能性がある???ということなんでしょうか?

冷水を好むし、隠れるにももってこいで流芯ですかね??

わからぬ

 

または鮎はそこには全く住み着いていない!??ということかもしれません

なので、魚影の確認ができれば尚、わかりやすいです、というか、必要じゃないかなーと思います

魚影があって(群れ鮎でも)、浅場の新コケを食べていれば、争っていれば、それは、容易に掛けることができるということにつながると直感的に思います

 

飛躍しますが

このサイトの新着記事にはものすごい興味深いことが書かれてありました

友釣りにおける真の面白さとは?

友釣りの面白さ、わかりやすく記述されており素晴らしいサイトだ!

 

鮎も動かず!

スポンサーリンク

 

目カン

で、自分はやらないと思うが

興味は出た

驚異の目カン!?

http://ayugenjin.naturum.ne.jp/e757620.html

交換に時間がかかるのが難点というところで、保留とうか、しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + 7 =