300尾の高橋祐次名人 in 韓国youtube見ましたか?すごい

12時間で300ぴき

スポンサーリンク

 

すごすぎる

youtubeコメント

日本と並び、今や世界を代表する経済大国に発展した韓国。しかし、都心部の爆発的な発展を横目に山間部には日本と同じようにのどかな田園風景が広がっている。そして、日本独自の釣り文化の一つ、鮎の友釣りが韓国に持ち込まれてから半世紀以上になる。韓国においては鮎釣り人口はまだまだ少なく、日本では考えられない様な桁違いの魚影と型の良さに驚かされる。 京都府在住の高橋祐次さんは、この韓国の河川に惚れ込み、過去にも3回この国を訪れている。高橋さんは22歳という若さで鮎釣り界のトーナメントでは権威のある大会で全国優勝を果たし、以後7連覇という偉業を成し遂げた若き鮎釣り師。その高橋さんが今回、韓国を再訪し新作の針の実釣テストを兼ね、1日で300匹が釣れるかという驚異の記録に挑む。

 

韓国釣行の経験がある先輩の皆さんがおっしゃっていたのは

川が汚い

ぬるい(熱い)

日本人は嫌われており、良い思いしない

 

結果も釣れない

などでしたが

名人がこんだけ釣れるなら

いいんじゃなかろうか?

今も釣れるのだろうか??

過去の話なのか???

 

知らんけど

行きたい、釣りたい、楽しみたい

という単純な思考に陥る

現実逃避

んーん

ムリか

現実は厳しいと見た

第一、パラダイスありえない

いつも、活性がいいときでさえ、釣れない私

釣れるはずなし、かつ、嫌な思いする、

これを皆、経験というが、

卑屈になるばかりの中年

 

しかし、website見ていると

交流も!

http://gekiayu.naturum.ne.jp/e1226152.html

す、すごい、すごすぎる!

かっこいい!

 

一回は行ってみたいなーー

 

 

まさに、うらやましい

限り

釣れるって幸福

幸せはどうやって、掴めるのか?

またバカにされそう

まあ、ムリを承知でいつも、お願いばかりのこの自己中心的なようで、周りにお願いばかり

さて、おこぼれはあるのか?

素直になれない自分

まあ、仕方ない、時期を待とう

なんもしない人生、悩んで、寝て、またウツにでもなって、仕方なし

アドベンチャー

 

みっぴーカワイイ

つりよかさんと、みっぴー

これもまた、最強!

いいなー

スポンサーリンク

かわいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 8 =