おんなへん(女)が付く漢字の@意味@に興味がわいた

仕事をしていると横文字→英語とか、その略語とかばかり

パソコンで見ていると現実から遠のく

スポンサーリンク

 

そんな矛盾した昨今

好きな女子の女という感じに関して

気になった

https://japanknowledge.com/articles/kanji/column_jitsu_20.html

手を前に重ねて、跪いている女の人の姿です。

らしく

女子が手を前に交え、裾(すそ)を押さえるように跪く女の形で、「おんな」の意味を表します。「女」は女の姿を表現する字で、女性に関する多くの字の系列を作ります。会意文字では偏(へん)となる場合が多いので、「おんなへん」といいます。
手を前に重ねて、うやうやしく神霊(しんれい)のいる所を拝(おが)んでいる女の姿です。甲骨文字の二字目に女のまわりに小さな点を加えた字がありますが、これは酒をふりかけて女を清め祓(はら)っているのです。それで女という字は、神霊に仕えるときの女の姿であることがわかります。
女が男の前で跪き、いわれるままに行動する女の姿で、女が男に隷属(れいぞく)させられていた「男尊女卑(だんそんじょひ)」の時代の思想が反映されていたというのは俗説です。
男の字は、田(農地)と力とを組み合わせた形。力は農具の「すき」の形ですから、男は「すきで田を耕(たがや)す」の意味です。古くは農夫たちの管理者を男(だん)といいましたが、のち耕作する「おとこ」の意味に使われるようになりました。

 

今の時代は男女平等?てか、男と女は似ているが、同じじゃないし!

女の方が、子を産むし、根性あるし!、長生き

おまけに頭もいい

男は、遺伝子でも欠損+

男は田んぼを耕したり、木を切ったり、魚を取ったりするのが役割

パソコンをパチぱちするのは男の本来の仕事ではない・・かと

できるおんな

http://ascii.jp/elem/000/001/462/1462426/

できるおんなのに翻弄される

さしすせそ

肉食女子のテクニックで「さ・し・す・せ・そ」はよく聞きます。

「さ=さすが」

「し=知らなかった」

「す=すごい」

「せ=センスいいですね」

「そ=そうなんだ」

 

合コンの「あ・い・う・え・お」

「あ=あげない」

「い=いらない」

「う=動けない」

「え=選べない」

「お=押せない」

というブリッコを狙った戦略

生き延びるSpilitを感じる

弱い精神力の私には大いなる光さすが

勝てない、存在、おんなとは、神

ぶちのめしてやるーーー

といいたいが

おそろしい結末が見える

神様仏様には・・逆らえない

 

おんなの股と書いてヤツ

なんか、意味深だなー

男の奴隷を指すらしい!

おんなの股に食らいつくのはやはりおとこの奴隷

だけど、それって、いいものか?

その女子がめっちゃいいなら、頑張るけど

めんどくさい

おとこもおとこ、草食系で、リスク侵さず、コンビニエンス、面倒くさがる、努力しない

さらには、気が合わない女子は追わない!

こんな男は、すかん!(こうはなりたくないものだ)

追って追って追いまくる人生がいい→オオカミになりたい

しかし、おとこは

無神経

ムリと言われても仕方ない

でも、自分もそうだった

昔は、(今も?)

恥をかきたくない

怖いのは嫌、

一番がいい

もてたいし

 

そうはいえ、女子は大きな存在

女子とは

切り開くもの

逆に世の女子ほど、めんどくさがる人はいないような気もする

女子とはめんどくさがる生き物だ

https://seikatsu-hyakka.com/archives/19310

一昔前は、かわいいーとか

占いがどうとか

3Kとか、なんか、すべて、利潤追求とかわいい至上主義に満ちていて、

そんな女子じゃない女子がいいと思っていた

いるんだけど、なかなか手に入らないのも事実

癒しなんだがな^^-

かしこい

謙虚

聞き上手

が新3Kと

はーー

草食系男子狙いなのか?

 

おんなの股のちから

なんたる!

奴(手で労働する奴隷⇒よく働いて“粘り強い”)+力で「努」

です

でも、

せっかく

努力して手に入れた彼女が

思っていたのとちがうことが次第に気づかれる現実であったならば・・

あきらめるしかない・・

それがおんななのだ!

そして、理想のパラダイスはないのだ

おとこのやさしさが求められる時代、いつでも、追求される、おとこの責任

慢心・・・・

スポンサーリンク

おまけDPC

昨日DPCの講演があったが

思うことは

だれが利益を得て、

享受されるか、

だと思う

医療の精神は隣人愛だろうが、

いい医療とか医療の質とか問われるが

それは従事者一人一人の心の持ちよう、考えようによって違いがあり、病気を治すことと、快適に診療したりすること、受けることはかなり幅広いことがらだ

だが、大勢のその気持ちを一つに医療を行えるのか?

チーム医療の心を一つにできるのか?

核心は、愚かで従順な心を「いい医療」を目指すべき導くことのようだ

病院や診療科は増え続けている、

が、人の命は数じゃない・・

医療は大きなマーケットである

どう、取捨選択がかかるのか

その一つなんだろうが、総論が多く、見えてこない

http://dntl.jp/academic/health-economics-efficiency/

わかった人でないと、突っ込みどころもないだろうし、

仕事が、係数是正?、

仕事なんだな。

DPCに希望は見えなかったなー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =