笑止!、天才とは何か?、評価されている時点で、価値判断基準内なのか???

言葉にならない思いがあって、感じたこと、自分の力を超える事柄・・。

 

天才とは

→威張り散らしている人!!!

スポンサーリンク

 

あははーーーー。

 

wiki

天才(てんさい)とは、天性の才能、生まれつき備わった優れた才能(生まれつき優れた才能を備わった人物)のことである。天才は、努力では至らないレベルの才能を秘めた人物を指す。

→ゆえに、神扱い!

 

ドイツの病跡学者のヴィルヘルム・ランゲ=アイヒバウムは天才300人から400人を選び、そのうち一生に一度でも精神病を患った人は12~13%であるという数字を発表した。さらに、その中から「特に有名な」天才中の天才というべき78人を選ぶと、精神病の人は37%、精神病的な人は83%以上に及ぶとした。健康な人は6.5%にすぎなかった[6][7]

→ゆえに、普通の天才は健常人であり、秀才である!

 

2012年10月9日、創造性と狂気は紙一重とする研究結果が発表された[8]

→ゆえに、天才=変人。

 

天才は、同じ事項をマスターしたときの理解の深さでは、秀才タイプを圧倒的に凌駕する才能を発揮する。

→、秀才が悪いわけではない。秀才になりたい!!。どちらかというと。

 

エルンスト・クレッチマーは天才の定義を「積極的な価値感情を広い範囲の人々に永続的に、しかも稀に見るほど強く呼び起こすことの出来る人物」とした。

→ゆえに、共感してもらえるので、いいことだなーー。うらやましい。

 

エジソンの言葉として知られている「天才とは1%の霊感(ないし閃き)と99%の努力」だが、この霊感とも呼べる「ひらめき(閃き:inspiration)」が一般に軽視される傾向もままある。99%までもの弛まぬ努力(原文ではperspiration-「流汗」で韻を踏んでいる)も確かに必須なのではあるが、1%のひらめきを大切にし、これを生かす事が出来なければ天才ではなく、エジソンは自身を指して自然界のメッセージを受け取る受信機に例えるほどひらめきを重視していた。

→ゆえに、エジソンは極めて、ワンマンで、エゴイストで、パワハラで、全て支持する、デブおやじで、周囲からは迷惑な存在であったに違いない!!!と推測。

エジソンのマネをしないでください!!!。

 

鬼才

https://omoshiroi-zatsugaku.com/archives/20037.html

ろろろーーー、いろいろあるんだなーー。

でも、愛がないだろうな・・。

北斗の拳のラ王みたいなものだろうね・・。

サウザーか・・。どちらかというと・・。

黒髪は黒髪でも、いいと思える年になってきた・・・。

スポンサーリンク

胃があれる・・・。

 

今年、四万十のアオサ、というか、すっごい、取れているとnewsで言っていた。

なんで?

まあいいけど。

高知にしかない、この納豆はうまい!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =