素人でもできる究極? 鮎冷凍保存→解凍塩焼きめちゃうま調理方法

 

 

スポンサーリンク

正直

食べるのイマイチでした

https://www.facebook.com/tsuribito.magazine/videos/1943520742561549/?hc_ref=ARRBlyj6j0BV0aVLJTDu_YKAzoG3hMpzfnFV3dK3rQ-iU5RxpQutAR72dTW95m2Y_fk

鮎マスターズV3を達成した瀬田匡志さんのアユの食べ方を動画で紹介。わたも骨も取って食べるので子どもにもおすすめ。アユをばくばく食べたい人は、ぜひお試しあれ♪

なんでこんなにおいしく食べれるのか?

釣るまでだった・・

しかし、今日、革命が起きた!

 

http://www3.wind.ne.jp/oleayu_net/oleayu_06_19_nice_freezing.html

http://westernmama.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-2dd6.html

やっているのはこの方と同じなんだが

今までの問題は

鮮度:元気な鮎をすぐ、氷結冷水で絞めているにも関わらず、-60℃で凍結しても腹が赤く変化したりなどあり、見た目含め鮮度に疑問がわいていた(買い取ってくれない理由の一つ)

冷凍焼け:水分や霜がないように、真空パックで保存していても酸化を防止しているのだろうが、解凍後に思うようにいかない。冷凍焼け?だろうか。鮎によって冷凍に反応性が違うのか?

調理法:焼き方がまずい?など課題だった。

 

今回は師匠の高田さんに習い、一匹ずつ保存していた袋に水を入れて、締めて、凍結。ペットボトルを切って中に詰めて、丸く円柱状に凍らせる

以前は、締めて、真空パック、凍結。これはこれで、悪くはないのだが。なぜか?腹が赤くなる。

その前は、単に凍結、これでは霜がふって、イマイチ

凍結を急速解凍

すごいきれい

びっくりするくらい、生き生きして見える

尻ビレも以前のまんま

通常通りコンロ焼する、凍結解除せず、立てたり、寝かしたりでの全面焼き

凍結残存の利点が立てれること

強火過ぎたか?鮎が小さいので、簡単にすぐ、焼けた。

骨の芯まで簡単に外せたし、こんがり焼けた。

デザイン通りに調理もできて、満足だった。

 

知っている方には当たり前なんでしょうが、

誰も教えてくれないし

自分で試行錯誤するしかなかった

けど

美味しく食べれる気がして、今までとは違うかな!!

 

 

安心した?皆?

LINEの「誤爆」もう大丈夫!? 「送信取消」機能の追加へ

https://www.excite.co.jp/News/product/20171116/Jcast_trend_314101.html

どうやるんだ、これ???

誤爆だらけの人生だから、注意したい・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 4 =