釣り アプリ げげげ!、簡単に記録、測定できるじゃないかーー。

やらねば男が廃る?、虎次郎ーー、で行ってきた。

スポンサーリンク

 

まずは帰宅

       15時には帰ってきた・・。

 

 

ほほほーーー。

 

準夜のNs様方に会ったりした・・・・・・

 

 

とにかく、アメゴを水槽に入れた。元気!。

facebookの新師匠の皆様のおかげで、水槽改善している!。Nice。

明日も師匠、行くとのことで?!?、服など乾燥した・・。晴れれば?、でも6:30集合って・・・・・・・・・・・

 

今朝は、最初はね、予定通りの釣行だし、店長からも土曜いいはずと言われていたし、、師匠も行く気だし、、、朝も早く起きたし、、、、

渇水後の雨だから、行きたかったんよーーーー、

霧は、ね、霧のせいじゃないよね、

でも、

下手くそ素人の自分には

雨の中、増水、ムリ。

気温湿度高い、無理。

川の流れ早い、muri。

大古味って、増水したら、本流みたいやわーーーー・・・・

 

 

うまい人ならともかく・・・、

ねーー、

明神先生が会ったおっちゃん、ばりばり釣ってたと。

うらやましい・・。

うまい人は、どこか違う、、、チャリンコも経路に配置している!。

やはり、雨の中でも釣れる人は釣れる!。まずは、気合いを見習いたい。

 

今日は!、伊藤稔さんの本もチラ見(ちらっと)だが、ガイドや情報を頼っての釣行はダメ、足で稼いで目で見てじゃないと、と書いてあった・・。

「釣りは一日にして成らず!」

が、時代なので、「釣りサイトまとめ」をチラ見!でなく、ガン見。

 

釣りアプリ

しかしながら、ほぼ海!釣り関係、多いなーーー。

関係ない。私はマイナーだなーーー。

http://app-liv.jp/sports/outdoors/1276/

これもあんまり、パッとしなかったが、

これ

釣果記録ANGLERS(釣りグループ・統計・釣り場・釣り具・カメラ)

https://anglers.jp/

記録には良さそうで、get!。

でも、バスがメインみたいやねーーー。

説明:釣った魚をスマホで撮影しても、残せるのは写真と位置情報くらい。天気・時刻・風速等の環境条件が大きく釣果に関わる釣りだけに、もっと多くの情報を記録しておきたいですよね。

そんな時はこのアプリ。なんと釣った魚を撮るだけで、釣った場所・時刻・天候などを自動で記録してくれる釣果管理ツールです。他にも使用したルアーやタックルなども記録することが可能。環境条件だけでなく、使用した道具も考慮した複合的な分析をして、次回に役立てられるのはうれしい限りです。

さあ釣った魚を逃がしても、次回の釣果につながる記録を、本アプリで逃さず取りましょう。

むむむ、確かに!!。

30万ダウンロード、すばらしい!、グレイト。

 

お魚計測

今日のお魚も、重さももちろん測りたいが、まずは長さなので・・。

尺鮎用の升を買うか???

いやいや、時代は、アナログ(欲しいけど、尺はムリだし・・)ではなく、デジタルで加工できるようにしようと・・思いました。

ハピソン

namingが気に入った・・

http://hapyson.com/appli/

それで、さーらーに、見直すと・・。

http://hapyson.com/experimental/index.php

細かく実験まで・・。企業戦士やなーー。

ハピソン(Hapyson) YQ-700B 釣リ計測アプリ防水ケース

スマホと連動してサイズ確認、マーカー認証が必要と・・。

画が、良かったので、アマゾンプライム、ポチっとな、こうたーーー・(買いすぎ!!)。

しかし、マーカーが大事だから・・・、マーカー付きキーホルダー

それ単体で売っている

キーホルダー、1個

540円、高い!!!!!。

なにーーーー。

ディズニーランドか?

 

 

誰か、買ってーーー。

 

寝釣り

これおもろいから、見てみ。

大泉洋!。

動画が、ニコニコじゃないし。

 

他は、釣りよかでしょう

こんな楽しくやれたら最高ですね!。

https://www.youtube.com/user/yoorai0121

説明は以下。略!。

http://turileco.net/2016/09/29/%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E9%87%A3%E3%82%8A%E4%BA%BA%E5%BF%85%E8%A6%8B%EF%BC%81%E3%80%8E%E9%87%A3%E3%82%8A%E3%82%88%E3%81%8B%E3%81%A7%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%80%8F%E3%81%AF%E3%82%86/

 

スポンサーリンク

 

ちゃんと、最後まで、見てくれて、ありがとう、ございます。感謝!。

今度こそ、奈良!、行くぞー。まずは。

PS:伊藤稔
昭和24年生まれ。岩手県東磐井郡在住。昭和60年「ヤマメが定位する流れ」、「ヤマメがエサを食う地点」を従来にない視点から解析した『究極のヤマメ釣り』を出版。同書で展開された「適水勢」、「就餌点」など、斬新なキーワードが当時の渓流マンのあいだで瞬く間に話題にのぼる。’90年『ヤマメ遊学』にて「オモリから先に流す」ナチュラルドリフト論を発表すると同時に、本流域の可能性に着目。90年代中期、0.1号クラスの超極細イトを駆使した零釣法誕生。以後、零釣法はバージョンアップを重ねながら現在にいたる。また、ヤマメ釣り以外にも、アユ釣りに傾倒。JFT全日本アユ釣り王座決定戦・全日本アユトーナメント優勝、ダイワ鮎マスターズ3位など、全国区トーナメントで活躍。ヤマメ釣り、アユ釣りともに理論派にして情熱家。現在は東北の若手育成にも精力を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 4 =