[テシ犬] ぐるぐる回るうちのワンコ チワワ犬 なぜ?

 犬は感情表現が上手!。

[テシ犬] 上手にまわれるよー。うれしかーー。→再編集して、

[テシ犬] 回って回って、ご褒美ワン!2 

スポンサーリンク

 

まあ、回る理由は動画中に書いていますので、見てみてくださいね。

 

動物愛

今日はペットについて述べます。

人と動物は共通の愛情表現があると思います。生き物の本能の部分でしょうか?、犬なんかは、顔色見ているし、考えるので、大脳皮質レベルで表現できていますかね。

今でいうと、今日、土曜、今、19時に放送していますね「志村動物園」とか、人気じゃないですかね??、いいですね、マメシバ500匹。ネコの島とか。

でも、「愛」はなかなか表現しにくいものですよね。それが話さない動物ですからね、なおさら。

http://tabi-labo.com/220107/showing-doglove

ペットが持つチカラは、愛とは違うものかもしれないが・・、感じあう心ですね・。

愛といえば、ABCみたいなものがヒットしてくる。それはそれで、男なんで、好きだけど、社会的タブーだし、ペットは心はよこしまではない、それじゃないんですよね。

よく言われる、癒し・。あるけど。それとも違うような気がする・・・・。求めているものの違いか・。

website見てみると、なんと、論文まである!!、すごい。偉い。

http://www.u-bunkyo.ac.jp/center/library/image/kyukiyo5_85-93.pdf

でも、結論というか最後のところは飛躍しているような気がするかな??

ペットの意義は無論個人それぞれ、飼う方の価値観に左右されますかね?。

しかし、個人的な意見を申しますと、人とは違う生き物=ペット(として)がそこにいる、その存在自体が人と違う感性、関係性を新たに創造する。そこんところがペット飼育の根本というか利点というか、本質と思う。ペットが人に和をもたらす・。そう、昔から考えています。

なぜか!?理由を下記に・。

 

ペットショップABY(アビー)

宣伝になってすみません。

実家は転々としながら(私はこの40年で20回以上引っ越しを経験しました)、世間がバブルはじけた後、1990年台に私は大学生でしたが、私の昔の夢が「ムツゴロウ王国建設」だったんです。

http://mutsugoro-okoku.com/

現役活動中みたいですね・・。

 

その時、それをなんとはなく親と話した翌週から、

お父さんもね、xxxが好きって、から始まり、何のことやらと思っていたら・・

マルチーズが1匹

またマルチーズが1匹

そして、ヨークシャーテリアが1匹

2匹目

3匹目

ん、ん、んーーー。

あっというまに増えていく。そして、つがい・・。

そして、親の宣言。

あたしゃー、ブリーダーやるばい・・(有無を言わさず・・)

懐かしい、いつのことだったか、1994年か5年か・・。

福岡県の一軒家だったんですが、庭に小屋を作り、

次々と、ミニチュアダックスフンンド、そして、

どうする、アイフルーー、のチワワに

トイプードル・・。

これで見事なブリーダーの完成です。ようやりましたわ・・。

家の中はごった返し、母親は、netが少しずつ広まる中(時代は、まだポケベル、やっとPHSか?、ドコモのi-mode, 携帯メールが宇多田ヒカルのデビュー、1999年だから)、仕事を充実させていき、ブリーダー(交配、産ませ、育て、売る)や、横道にそれた時もありますが、ショーとか、精一杯がんばり、当初は客も選んでいましたが、店舗も立てて、今、ABYに至っています。すごい親です。立派・。

当時はイメージカラーは赤でしたね、今は青にカラーを変えています・・。

ABYの命名はビートルズのアビーロードと、愛らしい(airashii)赤ちゃん(baby)を連想し、「あ」と「A」から始まるとのことで命名しました。

途中いろいろありました。パルボ、送りつけ詐欺、その他・・。まあ、それはおいておいて、私が小さいころからもペット飼っていたんですよ、でも、まさかこんな、百一匹わんちゃんになるとは思いもしませんでした。ご近所さんはワンワンうるさかったと、今も、思いますが、すみませんです!。

ブリーダー当時、海外交換留学生を自宅にホームステイさせたりしていましたが、そういう、雑多な、囲まれている、関係性というか、そんなものが性に合っていたんだな、我が家は、と思い出します。話せない人間との関係も、難しかったと思います、やっとの会話やジェスチャーだし、でも、よく相手してくれました。一生懸命みるということが大事なんですね・・。

 

犬の一生

話は戻しますが、そういった、意味で動物愛はひとえに飼い主である人間の品格、人柄、個性などがすべてに反映され、ペットを思いやる気持ち→飼い主の感情=愛といったものじゃろうかねーと、こんなロマンチックというか、なんというか、滅多にこんな話題を話したり、書いたりしない自分なんですが、なぜか今日は筆がすすみます。本心なのかもしれません・。

そういう、人間の本心に対して、ペットが答えてくれるといったもの=動物愛ではなかろうか。無論、お互い、動物なので、本能的に行動している部分もあると思います。なでなで、かわいいのーとかも、含めてですかね・・。人間だって、子供は特に、楽しかったら笑顔で歌うし、はしゃぎます。酒飲んで暴れるのとは違います。

うーむ。心が痛い・・。

アイキャッチは懐かしの@「犬の十戒」@を載せました。

知っていますか、知らないなら、この際、読んでみてください。

根本的な愛が記載されています。

犬も他のペット同様、人間もそうですが、いずれは死にます。犬には、どう生きるかが、問われることは人間みたいな社会生活とは違いますのでないと思いますが。いやいや、んー、魂がどうとか、そんな議論でもなく。

普通に幸せに、生きている間はいろんなことがあって、それでいいんだと思います。

うちもすでに数匹ペットの犬を亡くし、悲しみました。

それも含め、犬も人も人生で、・・。

私は親がペット関係の仕事を選択して正解だったと思うし、大切な命のプレゼントとまでは言いませんが、犬を買って行かれる人の笑顔は最高ですね。

赤字(原因はいろいろねーー)になっても、恥ずかしくない行動をとってきた、親が今となっては誇らしいです。他の家族も見習って行ってほしいです(良いところだけね・・)。全国のペット関係の方も頑張ってほしいです。

と、どんどん、横道にそれますが、

犬の一生は犬それぞれ、野良犬は飼い犬とは違う。

でも、それに関係する人間がいれば、その人間の愛に左右されるということです。

情でもなんでも、、、

本末転倒で結論がないですが、今日はやや感傷的でした。異常ですね・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =