「デカい!そしてきれい、さすが四万十(6月)の天然アユ」有岡プロ

スポンサーリンク

 

2018/07/21 に公開

チャンネル登録 140

 
 
旅行情報がたくさん!公開!クリック! https://goo.gl/JecpZj チャンネル登録!よろしくお願いします 2つのアユ釣りを紹介! “ライトスタイル”は京都の美山川でのアユ釣り。アングラーはアユ釣り歴10年、大阪在住の松田拓也。そしてバレエとアユ釣りをこよなく愛する宮田亜夢。宮田は海外のコンクールで優勝の経歴を持つプロのバレリーナだ。平日はバレエのレッスンに励み、週末は家族と一緒にアユ釣りを楽しんでいる。 6月下旬、美山川を訪れた2人。まずは美山川の最上流域(芦生)から竿を出す。最初は流れの緩いポイントから釣り始め、身軽にテンポよくポイントを巡りアユを掛けていく。 “ガチスタイル”は、高知県四万十川で瀬を攻める。アングラーは地元・高知在住の名手・有岡只祐。まずは中流域のポイントを探る。いきなり掛けた!約23センチの良型。 「デカい!そしてきれい、さすが四万十の天然アユ」有岡も惚れ惚れする美しい1尾。 その後も、有岡は川に立ち込み、流れの強いポイントを攻め20センチオーバーのアユを連発。「6月でこのサイズ。今年の四万十川はすごいことになるんちゃう!」と有岡は言う。ライトスタイルで軽快にかっこよく。 本格スタイルで力強く豪快に! それぞれのスタイルでも楽しめるアユ釣りの魅力が詰まってます。暑い夏の1日をアユと遊んでみませんか?
 
すごい、宣伝になるなー
しゃべりが上手、みんな見そうだ!
7/21に放送
どうりで、7/22が釣り人だらけだったわけだ、うなずく!
 
スポンサーリンク
 
https://www.s40otoko.com/archives/49597
 
これもThe Fishingの番組で、著作権は問題ないのだろうか?
まあ、数日したらわかるか・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − ten =